医療従事者の年収

医療系の仕事というと給料が高いイメージがありますよね。代表的なのは医師で、平成24年度の医師の平均年収は1144万円です。これは金額だけ見るととても高く感じます。サラリーマンの平均年収は409万円ほどですから、はるかに高いです。しかし、いくら高いと言ってもこれに見合う、またはこれ以上に大変な仕事であることは確かです。
当直があったり日々の仕事もとても忙しく、さらに人の命に関わる仕事ですから精神的にも気を使います。また、医師になるためには大学進学時、またはそれ以前から高い学力を有していなければならないためずっと勉強して努力しなければなりません。ですので、給料が高いのは当たり前と言えます。他の医療系の仕事だと歯科医師で679万円、薬剤師で529万円、獣医師で545万円となっていて、こちらも比較的高いと言えます。しかしこれも業務内容や資格を手にするまでの努力を考えれば、当たり前の額と言えます。
そしてご存知の通り、医療系の仕事は「年収が高いから」という理由だけで目指せるような仕事ではありません。日々人の命に関わる仕事をして、自分のミスが文字通り命取りになってしまうこともあります。最近では訴訟リスクも高まってきていますし、高度化する医療技術にも対応していかなければいけないため、日々の勉強を怠ることは出来ません。
そんな大変な毎日を過ごしながら、人手不足の問題もあるたで1人あたりにかかる仕事量は多くなるばかりです。こういった苦労を考えれば、年収が高いとってもむしろまだまだ見合わないとも言えるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です